Bloody Mary - blog

Bloody Mary 別館

VPN サーバをルータ代わりにする 2

Windows7 で VPN 接続

VPN 接続設定のおおまかな流れ

  1. レジストリの変更、再起動
  2. VPN 接続設定
  3. 接続

レジストリの変更

Windows7 は、デフォルトでは NAT トラバーサル (平たく言えば LAN の向こうにパケットを送る機能こと) が無効になっていて VPN 接続ができない。

そのためレジストリを編集して NAT トラバーサルの機能を有効にする必要がある。

1. regedit を実行

2. AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule の追加

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent] を開く。

[新規] – [DWORD値(32ビット)] を選択し [AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule] にリネームする。

[AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule] をダブルクリックして値を 2 (半角数字) に変更する。

3. Windows を再起動

VPN 接続設定

pppoe 接続設定よりも面倒な設定になるが、サーバの設定に比べたらなんてことは。

なのでオールテキストでお送りしますw

1. VPN 接続の作成

[コンパネ] – [ネットワークと共有センター] を開く。

[新しい接続またはネットワークのセットアップ] をクリック。

[職場に接続] – 次へ

[インターネット接続(VPN)を使用します] をクリック。

インターネットアドレス 1.2.3.4 (VPNサーバのグローバルIPアドレス)
接続先の名前 hogeVPN (適当に)

[今は接続しない。自分が後で接続できるようにセットアップのみを行う] にチェック。

次へ。

ユーザー名 hogeuser(/etc/ppp/chap-secrets のユーザ名)
パスワード hogepw (同上)
ドメイン 空欄

[作成] – [閉じる]。

2. VPN 接続のプロトコル設定

[ネットワークと共有センター] – [アダプター設定の変更] をクリック。

[hogeVPN] – [この接続の設定を変更する]。

[セキュリティ] タブを開く。

VPN の種類 IPsecを利用したレイヤー2トンネリングプロトコル(L2TP/IPsec)

[詳細設定] をクリック。

キー jizenkagi (/etc/ipsec.d/default.secrets の値)

[OK] – [OK] で閉じる。

この時点ではまだ接続すらできない。(VPN サーバのデフォルトルールが ACCEPT にでもなっていない限り)

ということですぐさま iptables の設定を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Bloody Mary - blog © 2008 - 2016