Bloody Mary - blog

Bloody Mary 別館

スタンバイ復帰後に無線 LAN が hardware error

スタンバイ復帰後の無線 LAN の不具合

FMV-C8240 を購入して一月になろうかという頃に、ある重大な不具合を発見した。それはタイトルにある通り、スタンバイから復帰したときに、無線 LAN の通信ができなくなるというもの。最初の頃は問題なかった気がするのだが、何故?

ちなみに私の環境は以下の通り。

OS Windows XP FMV-C8240 付属
無線 LAN Atheros AR50006EXS Wireless Network Adapter FMV-C8240 付属、固定 IP
無線 LAN ルータ NETGEAR WGR614C 無線 HUB として固定 IP での利用。 PW
症状
  1. スタンバイから復帰すると PC が、利用できるワイヤレスネットワークの一覧を取得
  2. その後、自分のワイヤレスアクセスポイントに自動的に接続、ローカルの IP を取得 (固定してるが)
  3. シグナルの強さは「非常に強い」
  4. 以上、一見すると正常だが、無線ルータ等のローカル IP に ping すると hardware error が出る

hardware error って何だ? ものの見事に役立たないエラーである。

無線 LAN の修復コマンドも効果はなく、ハードウェアの切り替えスイッチで、無線 LAN を無効、有効にしても改善されない。無線 LAN のドライバは最新のものがあたっている。再起動すれば使えるようになるが、原因が特定できない。

ググってみると、モしかしたらログオフで直るかも、という記事を見つけ、試してみたが同様のエラーが出た。再起動しないとダメってことか。

さらにググると、固定 IP の場合にこの症状が起きてるような起きてないような気配 ( なんといい加減な ) を察知。そういえば、ネットワークの構成を変更し、固定 IP にしてからうまくいかなくなったような気がする。試して悪いこともなかろうということで、無線 LAN ルータの管理画面から DHCP 機能を有効にしつつ、 PC の IP アドレスを自動取得にしたら、スタンバイ復帰後に不具合が起こることはなくなった。なるほど、この辺が原因か?

ただし、私の環境で IP アドレスを自動取得にしてしまうと、デフォルト GW が見つけられず、ネットにつながらなくなってしまう。若干特殊な環境にしてあるからだ。しょうがないので、また固定 IP に戻す。再度スタンバイから復帰させたところ、不具合は改善されている。ということは、無線ルータの DHCP を有効にしたのが良かったのだろうか。なんだそれ。

まるで二世代も前の海外アドベンチャーゲームのようだ。とにかく総当り。何が解決の糸口になるか分かったものではない。こういう症状が実際に起こりうる以上、メーカーのサポートからは電話が途切れることはないだろうな。南無。

後日談

また hardware error が出た。もしかすると、他チャンネルと競合しているのかもしれない・・・

Updated: 2014/2/26 水曜日 — 9:16:39

1 Comment

Add a Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Bloody Mary - blog © 2008 - 2016