Bloody Mary - blog

Bloody Mary 別館

WP Super Cache 1.0

WP Super Cache 1.0 へのアップデート

1. Download & Unzip
# cd wordpress/wp-content/plugins/tmp
  テンポラリディレクトリで作業
# wget http://downloads.wordpress.org/plugin/wp-super-cache.1.0.zip
# unzip wp-super-cache.1.0.zip
# chown -R httpd:httpd wp-super-cache
# rm wp-super-cache.1.0.zip
2. プラグインの停止

管理画面から、プラグインを停止する

# rm -Rf ../wp-super-cache/ ./wp-super-cache.bak120306
# mv wp-super-cache/ ../
  新しいバージョンと置き換える
3. プラグインの設定

wp-content を書き込み可能にする。

# chmod 777 wordpress/wp-content

1. プラグインの有効化。
2. 「WP Super Cache 設定」画面を開く。
3. 開けば advanced-cache.php と wp-cache-config.php と chache/ が作られる。

すかさずパーミッションを戻す。

# chmod 755 wordpress/wp-content

細かい設定は不要。
とりあえず、簡易タブで「キャッシング利用 (推奨) 」にチェック入れる
「ステータスを更新」のボタンを押して設定する。

HP を閲覧して、問題がないかどうかチェックする。

4. mod rewrite を使う設定にする

※ mod rewrite を使う設定にしたところ、 Ktai Style 2.8 で微妙な動作を確認
⇒ PC からのアクセスなのに、携帯でアクセスしたキャッシュページが表示された。
⇒ 必ずというわけではなく、ときたま起こる。
⇒ 詳細不明につき「キャッシュファイルの提供に PHP を利用する。」に戻した。(2012.03.09)
⇒ よって、この 4. の設定は不要

# chmod 666 wordpress/.htaccess

1. 「WP Super Cache 設定」から詳細タブを開く
2. 「キャッシュファイルの提供に mod_rewrite を利用する。 (推奨)」を選択
3. 「Mod_Rewrite ルールを更新」ボタンを押して .htaccess を更新する
4. 以下のファイルが自動的に更新・作成される

wordpress/wp-content/cache/.htaccess
wordpress/.htaccess

.htaccess のパーミッションを戻しておく。

# chmod 644 wordpress/.htaccess

5. キャッシュの確認

キャッシュが聞いているかどうかを、「WP Super Cache 設定」の「キャッシュをテスト」ボタンで確認しておく。

Trouble

Q. http://example.jp/wordpress で WordPress は見えるのに、 http://example.jp/wordpress/archives/1986.html のような URL で開かなくなった
A. wordpress/.htaccess の 「# BEGIN WordPress」の RewriteRule に注目する。 http://example.jp/ で WordPress を利用しているなら「RewriteRule . /index.php [L]」のままでいいが、サブディレクトリで公開している場合は、その URL に適した設定にしておくこと。

※ 以下はこのサイトの設定

# BEGIN WordPress
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
#RewriteRule . /index.php [L]
RewriteRule . /bloody-mary/wordpress/index.php [L]
# END WordPress
Updated: 2012/6/5 火曜日 — 12:26:11

1 Comment

Add a Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Bloody Mary - blog © 2008 - 2016