Bloody Mary - blog

Bloody Mary 別館

WordPress のアップグレード

WordPress はこまめにバージョンが上がるから、嬉しいやら困るやら。

バージョンアップ時の手間は面倒だと感じるが、セキュリティホールやらを放置されるよりはマシと思う。

WordPress Developer に感謝を。

SSH できる場合のアップグレード方法

覚書ということで。

今回、 2.8.2 から 2.9.2 へのアップグレードしたときの方法。

古いバージョンの WordPress を止めることなく、新しいバージョンの WordPress と取り替えます。

1. ファイルの解凍

コンテンツディレクトリに移動して、 tmp ディレクトリを作成。

# cd public_html
# mkdir tmp

以下のような構成 ( WordPress ディレクトリ、 tmp ディレクトリがある環境 ) で考えます。

public_html/
  ├ tmp/
  └ wordpress/ ( 現在動いている WordPress )

tmp ディレクトリに移動。

# cd tmp/

最新バージョンを拾ってくる。

# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-2.9.2-ja.zip
# unzip wordpress-2.9.2-ja.zip

こうなります。

public_html/
  ├ tmp/
  │  └ wordpress/ ( 最新の WordPress )
  └ wordpress/ ( 現在動いている WordPress )
2. 解凍後のディレクトリの所有者

※ ユーザ、グループを hoge:hoge としています。

# chown -R hoge:hoge wordpress
# cd wordpress
3. 古い WordPress ディレクトリから必要ファイルを持ってくる

※ $OLD_SOURCE は /public_html/wordpress のように、現在 WordPress が動いているディレクトリ

設定ファイルのコピー。

# cp -p    $OLD_SOURCE/wp-config.php       ./
# cp -p    $OLD_SOURCE/wordpress/.htaccess ./

記事作成時にアップロードしたファイル ( 画像など ) をコピー。

# cp -r -p $OLD_SOURCE/wp-content/uploads/    \ ← 改行
             ./wp-content/uploads/

プラグインのコピー。

# cp -r -p $OLD_SOURCE/wp-content/plugins/*   \
           ./wp-content/plugins/

TEST というテーマを使っている場合、もしくはテーマをカスタマイズして使っている場合などは、テーマディレクトリをコピーする。

# cp -r -p $OLD_SOURCE/wp-content/themes/TEST \
           ./wp-content/themes/
4. 特定のディレクトリの所有者変更

以下のディレクトリを Apache ユーザに合わせておく。
この例では www だが、 apache や httpd かもしれない。環境による。
ディレクトリを Apache のユーザにすることで、 WEB 上からプラグインやテーマを編集できるようになる。

# chown -R www:www wp-content/plugins
# chown -R www:www wp-content/themes
5. バックアップ&入れ替え
# cd /public_html/
# mv wordpress wordpress.bak100221; mv tmp/wordpress/ ./
# mv wordpress.bak100221 tmp/
6. ダッシュボードにアクセス

データベースをアップグレードする。
また、プラグインが使えているかどうか、チェック。

7. WordPress の URL にアクセス

全体や、特定の記事にアクセスして、正常性を確認する。

以上、 OK 。のはず。

Updated: 2012/6/5 火曜日 — 13:53:19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Bloody Mary - blog © 2008 - 2016